Menu

スタッド・ド・フランス

今日はフランスのスタジアムのスタッド・ド・フランスを紹介します。何か不足あたっら、ご寛容してください!

スタッド・ドゥ・フランスはフランス最大のスタジアムです。

1998年FIFAワールドカップ大会はフランスにおいて開催されたので、スタッド・ドゥ・フランスは主会場として建設されました。そして、その年の大会では、地元フランスチームがここでブラジルチームと決勝戦を行い、優勝しました!

フランスのパリ北郊、イル・ド・フランス地域圏セーヌ・サン・ドニ県に位置していました。建設費は2.85億ユーロを費やしました。このスタジアムは長さ119m、広さ75mで、8万人収容できます。スタッド・ドゥ・フランスも多目的スタジアムです。球技のみならず陸上競技も開催可能で、時々にはコンサートなども開催される巨大スタジアムです。フランスパリ近郊で有名なスタジアムとして、次次に観光客が来ました。試合のない場合で、スタジアムツアーができ、ロッカールームやグラウンド、客席などを施設のガイドと一緒に見学できます。料金は安いですが、時間は一定の制限があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です